Android iOS 技術者が考えてみた

AndroidとiPhone、どっちがいい?技術者の立場から比較してみる。

更新日:

本記事では、AndroidとiPhoneを機能面から比較します。

スマホの購入にあたり、どちらがいいのか悩んでいる場合に参考にしていただければと思います。

私は企業向けのスマホ向けアプリ開発に携わるエンジニアですが、高度に技術的な情報は扱いません。

読者としては一般ユーザーを想定して、技術的なところも考慮しながらわかりやすく解説していきます ^^

Androidについて

Android

概要

Androidは、検索エンジンでおなじみの米Googleが開発したOS(オペレーティングシステム)の名称です。

一般的に、OSとはユーザーの操作性を改善したり端末内部の仕組みを上手に管理するために搭載され、基盤となるソフトのことをいいます。

Androidは、2003年に創業したAndroid社が開発を行っていましたが、GoogleがAndroid社を買収したことでAndroidはGoogleの製品となりました。

Androidはモバイル端末向けのOSであり、特にスマホの印象が強いですが、実はスマホ以外にも使われています。

テレビ用はAndroid TV、自動車用はAndroid Auto、ウェアラブルデバイス用はWear OSとなります。

Androidは世界規模では最もシェアが高く、20億人を超える月間アクティブユーザーがいることで知られています。

Google has 2 billion users on Android, 500M on Google Photos
https://techcrunch.com/2017/05/17/google-has-2-billion-users-on-android-500m-on-google-photos/

各メーカーは自社で開発した端末に対してAndroidというOSを搭載し、必要に応じてカスタマイズしたうえで販売しています。

一般的には、そのようにAndroidが搭載された状態で販売されている端末をAndroidスマホと呼びます。

メリット

  • Google関連サービスとの連携が機能として組み込まれている。
  • アプリが豊富。
    公式ストア以外から自由にアプリがダウンロードできる。
  • 端末の種類が多く、ユーザーに選択肢がある。
    カスタマイズの自由度も高い。

デメリット

  • 公式ストアに悪意のあるアプリが存在。
    セキュリティ的な意味ではユーザーに知識があった方が良い。
  • 自由度が高くて細かく設定できる分、完全に使いこなすには知識が必要。
  • 各端末メーカーにより仕様が異なるため、アプリによっては稀に動作しないことも。

iPhone

iPhone

概要

iPhoneはApple社製のスマホです。

オリジナルとなるモデルは2007年に発表されています。

搭載されているOS(オペレーティングシステム)はiOSです。

iOSはiPhoneに限らず、iPad、iPod touchなどのApple製品にも組み込まれています。

基本的には、PCに搭載されているmacOSをタッチパネルの携帯機器向けに最適化したのがiOSとなります。

また、Androidと違ってiPhoneの場合は、OSの開発から端末の製造まで一貫してApple社が行っているのが大きな特徴です。

そのデザイン性や機能性から、日本国内では利用者の多い人気製品です。

メリット

  • 画面や端末のデザイン性が秀逸。
    操作がシンプルかつ直観的で簡単。
  • 公式ストアのアプリ審査は担当者がひとつづつ確認していて基準が厳しい。
    そのため、アプリの安全性が比較的高い。
  • OSと端末の開発元が同じなので、機種の違いによる問題が起きにくい。

デメリット

  • 最近、端末の値段がめっちゃ高い。(10万円くらい)
  • カスタマイズ性が低い。
    アプリは、原則的に公式ストア以外からダウンロードできない。
  • 防水防塵機能がない。

AndroidとiOSのシェアを比較してみる。

世界ではAndroidのシェアが高く、日本国内ではiPhoneのシェアが高い。

・・・というのが、今までの常識でしたが去年から今年にかけて国内シェアに関しても動きが出ました。

2017年10月の国内スマホシェア率でみると、Androidが31.8%、iPhoneが68.2%とiPhoneが圧勝しています。

一方で、2018年9月の国内スマホシェア率をみると、Androidが56.1%、iPhoneが43.9%と10%程度ですがAndroidが逆転しています。

iPhoneシェア率が異常!世界と逆をいく日本のスマホ市場【2018年11月】
https://bitwave.showcase-tv.com/iphone%E5%BC%B7%E3%81%99%E3%81%8E%EF%BD%9C%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%83%91%E3%82%B4%E3%82%B9%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%82%B7/

まとめ

開発コンセプトについて

個人的には、AndroidもiPhoneも良い製品だと思っていますが、開発された思想が全く異なります。

コンセプトとしては以下のような感じです。

  • Android:ユーザーやメーカーがカスタマイズできる範囲を広げて利便性を追求。仕組みを全面的に公開。
  • iPhone:製品は誰もが直観的に操作できる優れた操作性を追求。仕組みを秘匿する代わりに、製品全体の品質はApple社が担保する。

よって、大まかには次のように選ぶとよいでしょう。

  • 知識があって自由にカスタマイズしたい人はAndroid
  • 操作がわかりやすくてアップルのデザインが好きな人はiPhone

以上、参考にしていただければ嬉しいです ^^



-Android, iOS, 技術者が考えてみた

Copyright© 楽々PCライフ , 2019 All Rights Reserved.