Android レビュー

Pixel 3aをレビューしてみる。スペックは?DSDSに対応してる?au/docomo/softbankの対応状況など、様々なギモンに答えます!

更新日:

いよいよ、Google製の新機種であるPixel 3aが発表となりました!

スマホの買い替えを検討している、Androidユーザーにとっては要注目でしょう ^^

Pixel 3aシリーズは、以前発売されていたPixel 3シリーズから価格を半額程度に抑えた、廉価版としての位置づけです。

今までGoogle純正端末が気になっていたけれども、値段が高すぎて手が届かなかったユーザーにとっては検討対象になりそうです。

本記事ではPixel 3aに関する、よくありそうなギモンが解決できるようにわかりやすくレビューしていきます!

Pixel 3aの公式サイトは以下です。

Pixel 3a - Googleストア
https://store.google.com/product/pixel_3a

大手キャリア(au/Docomo/Softbank)の対応状況について

au

現在のところ、キャリアとしての取り扱いはありません。

ご購入を希望される場合は、Google公式ストアからの購入して使用することになります。

ただ、auの開発者向け情報Webサイトで既に相互通信テストが完了している旨が掲載されました!

安心して使えるかと思います。au VoLTEにも対応してます。

IOT完了製品 - au公式
https://open-dev.kddi.com/information?type=0

Docomo

Pixel 3aを取り扱うと発表がありました。

「Google Pixel 3a」を発売 - docomo 報道発表資料
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/06/03_01.html

ただ、Pixel 3a XLは今のところ取り扱いがないようです。

Softbank

5/10 10:00~ ソフトバンク取扱店とWebサイトで販売予約を開始しています。

以下にソフトバンクの公式オンラインショップのリンクを貼っておきます。
ソフトバンクオンラインショップ

公式オンラインショップでの注文の場合は、日本全国送料・代引き手数料が無料です。

実店舗での受け取りにも対応していますが、忙しい方は自宅に配送されるのでオススメです。

ソフトバンクのオンラインショップで、2機種(Google Pixel 3a/ Google Pixel 3a XL)に対して、2019年6月5日(水)より新規契約/乗り換え(MNP)/機種変更 を行われた方に対して商品券のプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

乗り換え(MNP) 2万円分、新規契約/機種変更 1万円分の商品券がプレゼントされます。

スペック

技術仕様

わかりやすく、特徴とともに簡単にまとめてみました。

項目 Pixel 3a Pixel 3a XL 特徴
オペレーティングシステム Android 9.0 Pie セキュリティアップデートが最低3年間保証されます。
画面 フルスクリーン 5.6 インチ / 142.2 mm ディスプレイ フルスクリーン 6.0 インチ / 152.4 mm ディスプレイ -
カメラ 12.2 メガピクセル(背面カメラ)、8 メガピクセル(前面カメラ) 夜景を鮮やかに撮影!背面カメラに手ぶれ補正あり。
サイズ 151.3 x 70.1 x 8.2 mm(千円札くらい) 160.1 x 76.1 x 8.2 mm(一万円札くらい) お札サイズと考えていただければ。
重量 147 g (硬球の野球ボールくらい) 167 g(米一合くらい) Pixel 3a XLの方が本体はビミョウに重い。
カラー Clearly White、Purple-ish、Just Black 白、紫、黒
電池 3000 mAh 電池 3700 mAh電池 最大30 時間使用可能。
ポート USB-C™ USB 2.0 / 3.5 mm オーディオ ジャック / シングルナノ SIM オーディオジャック付きなのは歓迎したい。
プロセッサ Qualcomm® Snapdragon™ 670   /  Adreno 615 前世代に比べると演算速度は15%、画像の描画速度は25%高速化。(Qualcomm公式情報)
メモリ 4 GB LPDDR4X RAM -
ストレージ 64 GB ストレージ -
価格 ¥48,600 ¥60,000 -

日本向けモデルは、おサイフケータイ機能「FeliCa」にも対応しています。

DSDS等、SIMの対応状況やMicroSDについて

Pixel 3a、Pixel 3a XL はシングルSIMモデルです。

つまり、DSDS、DSDVなどには対応していないため、SIMカードを2枚挿したり同時に2回線を待ち受けるといった使用方法はできません。

また、MicroSDも非対応なので後から端末の容量を拡張することはできません。

ただし、端末自体が64GBという十分な容量を保持しており、クラウドストレージを利用できることも考えるとそれほど困った状況にはならないでしょう。

日本での発売日、購入方法、価格について

発売日

発売日は5月17日です。

購入方法

現在は、Googleの公式ストアより購入可能です。

Pixel 3a - Google
https://store.google.com/product/pixel_3a

もしくは、各キャリアのショップ等でご購入ください。

ソフトバンクの場合は、商品券プレゼントキャンペーン中なので自宅受け取りでのご購入がおススメです。

ソフトバンクオンラインショップ

 

価格

「Pixel 3a」は4万8600円,「Pixel 3a XL」は6万円となっています。

価格設定としては、以前に発売されていた「Pixel 3」(10万円前後)の廉価版といった位置づけになっています。

最近は、Google製に限らずにスマホ本体の価格がどんどん上がってきており、もはや10万円を超えることも珍しくなくなりました。

今回発売となるPixel 3aシリーズは、そんなスマホの市場価格に一石投じることになりそうです。

上位機種Pixel3と廉価版Pixel3aを比較

廉価版Pixel3aとなってスペックが抑えられている点は以下の通り。

  • フロントカメラが1つとなり、広角に対応しなくなった。
  • 背面素材がガラスからポリカーボネートに変更。
  • 防水性能は、防水(IPX8)ではなく耐水(IP52)に変更。
  • ワイヤレス充電が廃止。
  • プロセッサは、Snapdragon™ 850から670にダウン。

一見すると、違いがわからないかもしれません。

プロセッサは上位機種よりスペックが落ちてますが、ソフトウェアは後発のPixel 3aの方が処理効率が良いため、写真の仕上がりなどへの差をユーザーが感じることはないようです。

逆に、Pixel 3aには上位機種であるPixel3と同様に使える機能もあります。

それは、AIによって実現したトップショット、夜景を鮮やかに撮影できる機能、超解像ズームといった強力なカメラ機能です。

上位機種の機能を半額で使えるのは大きなメリットとなるでしょう。

ちなみに、発売中の上位機種・Pixel3については以下の記事でレビューしてます。

pixel3の発売日は?購入方法は?何がすごいの?そんなギモンに答えます。

まとめ

以上、Pixel 3aのレビューを行いましたが、いかがだったでしょうか?

上位機種である、Pixel 3からはややスペックダウンしつつも価格を半額に抑えたところが、インパクトとしては大きいですね。

最近のハイエンドスマホは、3Dゲームをガッツリやる人でもないと価格分の元が取れなくなっています。

要するに、メールとネットで十分なライトユーザー層にとっては、価格もスペックも高すぎる。

今回、廉価版のPixel 3aが登場したことでGoogle純正端末の安心感と最新機能が手ごろな価格で手に入るようになりました。

今までGoogle純正端末に興味はあったけど、高すぎて手が届かなかったということであれば、検討の価値はあるかもしれません。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました ^^



-Android, レビュー
-

Copyright© 楽々PCライフ , 2019 All Rights Reserved.